IMG_1264

説明書
IMG_1265
IMG_1266
IMG_1267
IMG_1268
ランナー
IMG_1269
IMG_1270
IMG_1271
IMG_1272
IMG_1273

説明書通りに作ると
・顔が真正面向き過ぎな上に首が長い
・脚の設地性が悪い
ことが分かります。
IMG_1289


IMG_1290
IMG_1291


そこで
・顎を引けるポーズになるように首を削り
・足がハの字に開けるように太もも上側と足首を1.5mmアルミ線に置き換え
IMG_1304
工作前と比べると一目瞭然です!って写真を撮りたかったけど撮れなかったの図
IMG_1307
IMG_1310

でもキットの箱横の完成写真となら差がわかりやすいかも
IMG_1311
アルミ線接続にしたので使わなくなった関節跡をエポパテで穴埋め
IMG_1480
IMG_1481
IMG_1482


表面処理をしながら筋彫りの下書き
筋彫りのやり方はこの本を参考にする予定
⬇︎




IMG_1503
IMG_1504


手首はエポパテでなんとかそれっぽくしましたが、MSハンド流用がオススメです。



IMG_1505
IMG_1506

ちなみに肝心のアルミ線接続はこんな道具を使う感じで進めてました。


まずは5mm角棒をホビーノコなどで2.5cmぐらいに二本切り取り、腰の部分に二本並べる形でゼリー瞬着で貼り付け、それを太ももから伸びてきた1.5mmアルミ線の受けにします。
因みにキットに入ってた股関節は捨てちゃいました。
IMG_1518

太もも上部は5mm棒と干渉する部分をホビーのこで切除。
ひざ部分は下をホビーノコで切り欠いて後ハメ出来るようにします。
IMG_1519

足首は底に5mm角棒を貼り付け、その5mm角棒に1.5mmの穴を開けて(足底を貫通しないように注意)アルミ線を通しスネ側に開けた穴に通します。
なお、足首のマルイチモールドの内側はポーズ次第でスネ側のフレーム部と干渉するのでマルイチモールドの内側の方をかなり削りました。
IMG_1520
IMG_1521

腕はアルミ線を使わずに切り欠きを増やして無理矢理後ハメにしました。
肘は下の部分を切ればいいだけですが、二の腕ロール部の後ハメは説明が難しいので下の写真で察していただければと思います。
IMG_1522
IMG_1523


首はランナータグやらパテやらを駆使して角度をつけながら俯かせました。
首はデフォルトのキットのままだと長過ぎますので。
首がある程度出来たら、今度は胴体前面に5mmプラ角棒を二本平行にゼリー状瞬間接着剤で貼り付け、首に刺した1.5mmアルミ線の受けにします。
ちなみに、今回は胴体内に接続部が集まる構造なので胴体は最後まで接着しない予定です。
何故なら、胴体を接着した後にアルミ線の受け部分が壊れたら修復出来ませんので…。
FullSizeRender


とりあえず今回はここまでです。
明日、そんな先のことは分からない

FG 1/144 MS-06F ザクII F型 (機動戦士ガンダム)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
 






FG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)